英単語日記8

17日の活動

今日の2日目テスト、16枚。所要時間1m25。OK 16枚。21日にリスケ。

7/7  1m 29
6/24 8d 26
6/22 8d 35
6/21 4d 16
6/19 4d 10
6/18 2d 23
working 3
[3, 23, 26, 61, 0, 29, 0, 0, 0, 0]
total: 142
score: 545

18日の活動

土曜日はついつい休みの初日だから遊んでしまって気がついたら夜中。25時くらいに勉強してないことに気づいたが眠くてそれどころではなかった。

19日の活動

18日の分の2日目復習テストと19日の分の4日目復習テストにトライ。全問正解。意味的にはあっているけど全く同じ単語ではない回答をした場合はどうするべきかなぁ。目的は意味を覚えることなので意味が覚えられていれば正解にするべきかとは思うが。具体的に言うとcontingencyを見て「どうなるかわからない」「~ fee で成功報酬」とは覚えてたけど訳語の「偶発性」「不確実性」を思い出すことはできなかった場合。まー、全問正解にするより少し間違えたことにするほうがいいか。じゃあこれは勉強中のカードに戻そう。2d が 23をテストして OK 22 NG 1。

勉強中カード。anecdotalを不正解。うーん、これ辞書ではanecdotal reportを事例報告と訳していたけど、OALDによれば「This research is based on anecdote, not fact.」という使い方をするようなので事例って言葉で僕がイメージするものとは違いそうだ。要するに「関係者の話」ってことね。

物理的な話

スケジュールはこんな感じに書いて角を塗って一つのリングに入れている。

カードはリングから離したあとテストしている。ひげぽんさんは僕よりだいぶ大きなトランプくらいのサイズのカードを使っていて、トランプみたいにシャッフルして「順序で覚えないようにする」らしい。僕は何も考えてなかったけど、とりあえずテストの終わったカードを裏向きのまま積まずに表向きに積むことにした。これで逆順になるよね。ディールシャッフルにしてもいいかも。

昨日リングと単語カードを追加した。リングは街の文房具屋で1個15円とかでバラ売りしていた。

目標の確認

目標の達成度を調べるためにスコアを計算してみたら、今日中にあと3点とれば目標達成であることがわかって、勉強して、8点ほど取った。達成間近であることに気付けないのではなんのための目標なのかわからない。

7/7  1m 29
6/27 8d 10
6/24 8d 26
6/23 4d 22
6/22 8d 35
6/21 4d 16
working 12

[12, 0, 38, 71, 0, 29, 0, 0, 0, 0]
total: 150
score: 584
  • 現状維持目標: 月曜終了までに600点超え→月曜中にあと24点
  • チャレンジ目標: 金曜日30点獲得 - 527 → 545で17点。失敗。
  • チャレンジ目標: 土曜日に勉強をして32点以上獲得。- 土曜日に勉強自体をしなかったので失敗。
  • チャレンジ目標: 日曜日に勉強をして34点以上獲得。- 得点計算をしてあと3点であることに気づいたので追加で作業して達成。

月曜中にあと24点取るためには、今の12枚の勉強中カードを全問正解して、さらに12枚の勉強中カードを追加すればOK。この「1日で何点取る」という目標の達成は、基本的には忘れずにテストを解いた上で、それでは足りない部分の得点を新しいカードの追加で補うってことになるだろうな。これは若干遠まわしな目標設定だ。僕が出来ていない問題点、理想と現実のギャップがどこにあるかっていうと「土曜日に勉強してない」ってことに尽きるわけで。それができてもいないのにさらに「何点取る」って課題を上乗せしても駄目だろう。まずは自分ができてないってことを真摯に受け止めるべき。

  • チャレンジ: 土曜日に1点以上増やす

毎日継続的にx点取るためにはどういう活動が必要か。1日にカードをy枚追加したとすると、当日+y点、翌日全問正解したら+y点、その2日後に全問正解したら+y点…となる。じゃあ1日あたり大雑把に言ってx/2〜x/3枚くらいは追加する必要があるだろうな。そう考えると毎日30点以上を取る予定だった先週末の設計は間違っているな。まあチャレンジングな目標という位置づけではあったけど。3日で45点くらいなんだから1日あたり15点で、それを獲得するためには一日平均5〜10個の単語を追加する必要がある。うーん、それを目標にするのも悪くはない気もしてくるが…。