人工無脳 の検索結果:

書評:夢見るプログラム

…の本は1999年に「人工無脳は考える」を立ち上げて「人と会話をするソフトウェア」(人工無脳)について研究・考察を続けてきた加藤真一さんによる本です。特に2章では21ページにわたって、Elizaに始まる人工無脳50年の歴史を俯瞰していてとても良いです。人工知能による会話フレームワークが鳴り物入りで紹介されたりしたときに、中身を見てルールベースだったりすると、僕とかは「ゅぃぼっと」かよ!とツッコみたくなるわけです。だけどゅぃぼっとは1996年だからもう20年も前なんですねぇ。ルー…

改善案を考える・人工無脳について振り返る

…ますか? 僕> 昔の人工無脳はおおよそ決定論的だった。キーワードがマッチした時に出力される言葉が決まっていた。だけどその後、ひとつのキーワードに対して複数の出力を対応付けることができるものが出てきて、その場合、キーワードのマッチした出力の集合からランダムにサンプリングして出力されるような実装になっていた。今から考えると、あれが決定論的な対話から確率的な対話への分かれ道だったかもしれない。 彼> その人工無脳は、どんな種類の人工無脳ですか? 僕> キーワードとそれに対する出力の…

未踏ユース最終発表会2日目

…はもっとずっと前には人工無脳を作っていたので人工無脳搭載の『ブレインストーミングエンジン』に授賞したいと思います!」とかやってたのを知らない人の方が多いしなー。 作業をしている時のデスクトップ状態を保存しておきたい。Aというプロジェクトをやっているときに、BというプロジェクトをやりたくなるとAやりかけの環境を取っておきたい。 「それ『ユーザアカウントを作る』でOK」 おおお、それだ!すばらしいライフハック。 どう書くorgを作る自分。ActionScriptを勉強する自分。 …